スタッフブログ

にしだゆきの郡山暮らし⑥「cafe Blanc.」

DATE 2020年6月26日(金)

 

大学時代はずっと洋菓子屋さんでアルバイトをしていて、

「ゆきは白米食べるみたいにケーキを食べる」って友達に言われるくらい、

この時期に一生分の生クリームとスポンジとフルーツを食べたと思ったけど、

食い貯めってできないものね。

今でも週5でケーキが食べたい。

 

 

今日はなんでまたそんな私の思い出散歩から始まったかというとね、

まどいの杜 定休日の水曜日、

おつかいもあってまどい近くのケーキ屋さん、café Blanc.へ行ったんだ。

 

8e5b37d734b59fcd81bbb14efff880b23ce266e4

 

いつも左手に見ながら出勤して、

右手に見ながら娘のお迎えに向かうcaféブラン。

行ったことはなくとも、きっと私はここがすきだろうと思っていたcaféブラン。

 

 

お店に入って、可愛いケーキと、焼菓子と。

あぁ、すきだなぁ。と思える色々があって、

郡山の私のすきがまたひとつ。

 

 

崇めるみたいな気持ちでモンブラン。

DSCN7785

 

ブランのモンブラン。 響きがとても、良いですね。

こどもの頃は、このうねうねの美味しさがどうにもわからなかったけど、

味覚の突然変異でだいすきになった。

このうねうねは、良いうねうねである。

 

 

 

Caféブランのモンブランは、

可愛くて、控えめで、上品で、ちゃんと甘いのにしつこくなくて。

こういう女性(ヒト)に、私はなりたい。

 

みるみる小さくなっていくモンブランを見ながら、

あぁ、そうか。

そうか、そうか、そうなのか。

ケーキも洋服も、もっと言えば家だって、

自分の「こういう私になりたい。」で、選ぶのか、決めるのか。と思って。

 

私が無印の服ばかり着るのはフラットな人になりたいからで、、

いやいや、違うな。 服の組み合わせを考えるセンスがないから楽したいだけだな。

なんて、余計なことも考えたりして。

 

若輩者の私には、モンブランさえ我が師匠。

 

 

郡山には、小さなcaféやケーキ屋さんがたくさんあってね。

どのお店にもそれぞれの特徴とか美味しさがあって、すごいな、って思う。

 

お店の雰囲気と、そこで用意される味と、そこの人がちゃんと同じ線の上にいるからすごいな。って思う。

期待を裏切らないって、たぶんそういうことなんだな、きっと。

 

 

それならばじゃあ、私の料理は、私みたいな味がするのか?と思ったら可笑しくなって。

私の料理は基本的にただ焼いて塩を振るだけだから、

そうだな、やっぱりきっと私らしい味がするに違いないと思って納得した。

 

昨日の夕飯も、鶏肉とじゃがいもとスナップエンドウを、

鉄のフライパンでちりちり焼いて、

ただ塩を振ってあとは3人それぞれすきな味を少しつけて食べたんだ。

こういう、私がつらくない料理が一番すきだ。

 

 

Cafe Blanc.(カフェ ブラン)

福島県郡山市菜根1-11-5

まどいの杜の近くです。まどいの帰りに寄るのが良いでしょう。

パッと見、駐車場は少なそうですが、実は奥が広いのです。

 

 

いつも中身のない、薄くて浅いブログだけど、

今日のは、その中でもなかなかそれで申し訳ないな。

 

 

ほんのお詫びに、本を一冊。

 

最近は、沖縄にうかされていて。

COVIT-19のおかげで、家族旅行もどこかに行ってしまって、

世の中の毎日が落ち着いたら、沖縄にでも行って

アロハシャツ来てパイナップルジュースでも飲んで浮かれてこようと、

企みが止まらない。

 

 

だから読む本も、

ダウンロード vol49_表1-表4

すきだと思ったら、そればかりよ。

こちらでは見かけない雑誌のバックナンバーを、集める。

 

 

郡山で暮らす日常と、アロハシャツパイナップルの非日常を行ったり来たりしながら、

今日も粛々と仕事します。

 

そうそう、仕事と言えば。

沖縄の土地や中古住宅は探せませんが、

郡山のならば探せます。

ちなみに職場では、不動産チームの所属です。

ひとりだけどチームです。ONE TEAMです。

 

気になる土地や住宅は、同じ新入社員の芳賀さんとふたりで出かけて行って、

実際の感じはこうであれでどうだとか、こうするにはこうやってこうだとかも調べられますので、

何なりとお気軽に。

 

 

次回は何を書きましょう。

また一週間後に会いましょう。


閲覧数:722 | カテゴリー:西田 友希 |

来店予約

お問い合わせ

りりこの表彰実績

りりこSDGs宣言

りりこが目指すもの。

  • 物件探しから はじめたい
  • LDKから始める リノベーション
  • 実家を リノベーション
  • ちょこっとだけ リノベーション
  • +
  • 新築 専門サイト
CM放送中
ホームインスペクション お問合わせからご契約までの流れ 来店予約

会社概要

サンプル

増子建築工業
〒963-8061
福島県郡山市富久山町福原字東内打5-1
TEL 050-7302-5250
>>詳しくはこちら

施工エリア

施工エリア

郡山市を中心に中通り地域といわき市周辺
※ お客様のところへすぐに駆けつけることができるよう、 車で1時間以内を目安としています。
その他の地域の方はご相談ください。

耐震リフォーム recruite

トップへもどる

050-7302-5250 お問い合わせ 来店予約 資料請求
来店予約