cost

戸建リノベーションの費用

戸建リノベーションの費用

戸建リノベーションの費用とは?

見るべき費用は3つ!

リノベーションにおいて費用は大きく3つあります。
それぞれの費用について下記の通り、解説します。

  • 01

    リノベーションの工事費

    戸建リノベーションにおいて初期コストとなるのが工事費です。工事費の主な内訳は、施工する大工さん、職人さんの工賃と使用する建材や設備の費用、施工管理やデザイン、設計にかかる費用などで構成されています。
    下記は実際にりりこでリノベーションされたお客様の事例を元にした相場です。

    • リノベーションの工事費
    • リノベーションの工事費

    既存の基礎や柱、梁(はり)の状態を見極め、一部を活かすため、本体費用が減少する可能性があります。さらにリノベなら確認申請等も必要ありません。断熱・耐震等住宅性能は注文住宅レベルです!

  • 02

    日々の暮らしで発生する光熱費

    日々の暮らしで発生する光熱費

    2つ目のコストとしては、リノベーション工事後の暮らしを通じて発生する光熱費があります。
    夏の冷房、冬の暖房費が大きく左右します。断熱、気密の性能が高ければ高いほど、この光熱費は少なく済みます。
    りりこでは、確かな施工で光熱費の削減が可能です。

  • 03

    メンテナンスの費用

    3つ目の費用はメンテナンスに必要な費用です。一般的な新築、またはフルリノベーションにおいて、建築後(工事後)30年でかかるメンテナンス費用はおよそ800万円と言われています。
    10年後の屋根・外壁の部分補修に始まり、30年後の屋根の葺き替え、張り替え(サイディング)、内装の改装などが主な費用です。
    一方、りりこが使う珪藻土など厳選素材ならメンテナンス費用の削減が可能です。
    ※国産材は日本の気候に合った木材のため、耐久性、耐候性が高いと言われています。

    高耐久な建材、素材の一例
    • 高耐久な建材、素材の一例
    • 高耐久な建材、素材の一例

    ⇒初期コストだけに目が行きがちですが、確かな断熱施工が日々の光熱費を大幅に減らすことにつながります。また、こだわり素材を使うことで、メンテナンス費用が減ります。
    ぜひ、トータル費用のコストパフォーマンスで考えることが大切です。

建て替えか
リノベーションか迷っている方は
お気軽にお問合せください

お電話でも承っております。
「ホームページを見て電話しました!」とお伝え下さい♪
何でもお気軽にご相談ください!

050-7302-5250

(受付時間:9時~18時 / 水曜定休)

HOME MAKING