住まいの終活のすすめ

01住まいの終活とは?

住まいの終活とは?

相続が発生する前から、所有者やその相続予定者が、住まいに関わる様々な情報を整理・共有し、相続発生後の選択肢を考え、そのために安心して相談できる人的なつながりをつくっておくなど、住まいの円滑に「責任ある所有者・利用者」へ引き継ぐための一連の活動。

出典:老いた家 衰えぬ街

2018年に約846戸だった空き家はこのまま空き家が増え続けると、2033年には約2150万戸になり、3戸に1戸が空き家になることが予測されます(野村総合研究所調べ)。

相続が発生した段階ですぐに実家の売却や賃貸化といった何らかのアクションを起こせれば問題ないのですが、流通性が低い物件だったり、利活用が難しい物件だったりすると、そのまま放置されるケースも多いのが現実です。

りりこでは、「問題先送り空き家」とならないように早めの対策をおすすめします。

来店予約

お問い合わせ

02建物の利活用のすすめ

住まいの利活用には以下のような選択肢が考えられます。

りりこでは「問題先送り空き家」にならないよう、早めの利活用をおすすめしています。

詳しくは、りりこの相続士にご相談ください。お客様の状況に合わせて、適切なアドバイスをいたします。不動産に関しても当社の宅建士がわかりやすく説明いたします。

来店予約

お問い合わせ

03生前贈与について

親世帯のリノベーションをする方へ

A

二世帯住宅化する際に、
工事代金は親世帯と子世帯が協力しあって現金またはローンを組むリノベーションする。

子供の出資分は親の建物への贈与となり、親に贈与税が課さられます。子世帯がローンを組んでいる場合、住宅ローン控除も受けられません。

B

親世帯がローンを組めず、
同居予定の子世帯にローンを組んでもらいリノベーションする。

親に贈与税が発生します。子供が住宅ローン控除を受けられません。

贈与税を避けるために…

リノベーション契約前に建物を贈与して、子供の名義にすることをおすすめします!
(※課税制度を活用する)

非課税制度 非課税枠
贈与非課税枠 1年間110万円まで非課税
相続時精算課税 限度額2,500万円まで非課税(親60歳以上、子20歳以上)

来店予約

お問い合わせ

りりこの表彰実績

りりこSDGs宣言

りりこが目指すもの。

  • 物件探しから はじめたい
  • LDKから始める リノベーション
  • 実家を リノベーション
  • ちょこっとだけ リノベーション
  • +
  • 新築 専門サイト
リノベーション施工事例 ホームインスペクション お問合わせからご契約までの流れ 来店予約

会社概要

サンプル

増子建築工業
〒963-8061
福島県郡山市富久山町福原字東内打5-1
TEL 050-7302-5250
>>詳しくはこちら

施工エリア

施工エリア

郡山市を中心に中通り地域といわき市周辺
※ お客様のところへすぐに駆けつけることができるよう、 車で1時間以内を目安としています。
その他の地域の方はご相談ください。

ホームインスペクション 耐震リフォーム recruite

トップへもどる

050-7302-5250 お問い合わせ 来店予約 資料請求
来店予約