interview

お客様の声

お義母さんが一人暮らしになったのをきっかけに、主人の実家をリフォームして二世帯で暮らすことにしました

お義母さんが一人暮らしになったのをきっかけに、主人の実家をリフォームして二世帯で暮らすことにしました
お客様名
I様
施工エリア
郡山市
工事期間
3ヶ月

スタジオに遊びに来ていただいた際の一枚。

  • リフォーム・リノベーションをしようと思ったきっかけは何でしたか?

    (奥様)主人が一人っ子なので、ゆくゆくは二世帯で住むことを考えてはいたのですが、お義父さんが亡くなってお義母さんが一人暮らしになったのをきっかけに、主人の実家をリフォームして二世帯で暮らすことにしました。

  • りりこでリフォーム・リノベーションをすることにした経緯は?

    (奥様)元々建物が古かったので、ちゃんとした業者さんにお願いしたいと思っていました。あと、一般的なリフォームショップだと「台所だけ」とか、一部のリフォームというイメージがあったのですが、私たちは家全部をリフォームしたいと思っていたので、それならおうち全部を建てる工務店がいいかな、と思いました。 他にも2つの会社を見ていたのですが、リフォーム案を見せていただいて、りりこに決めました。

  • リフォーム・リノベーションの思い出は何かありますか?

    (奥様)骨組みの部分を見ることができたのはあまりない経験なので思い出です。 また、工事中も細かなところでも何かあるとその都度説明や相談をしてもらえたのはありがたかったです。

  • リフォーム・リノベーションしてみて、お気に入りの場所を教えてください

    (奥様)暗くなると思っていた寝室が、思ったよりも明るくなっていいな、と思います。西の窓は小さくしたのですが、北の窓を大きくしたり、壁の色を白くしたりしたおかげかな、と思います。 明るくなったと感じるのは、寝室だけではなく家全体もそうですね。やっぱり壁が白いというのが大きいと思います。 (ご主人)「オープンキッチン」にこだわっていたので、そのキッチンの部分はお気に入りですね。 (奥様)こだわって選んだ無垢材のシステムキッチンだから、お料理するのにもテンションが上がるんですよ! (ご主人)リフォーム前、家の真ん中にあった居間は周りの部屋に行くための連結路になっていたんです。それがリフォームして、メインの空間として使えるようになったのもよかったと思うところですね。 その居間も、祖母が亡くなる前は使っていたのですが、祖母が亡くなって物置状態になってしまったんです。そんな部分も広く使えるような形になったんですよね。 (奥様)収納も広くなりましたね。もっとも、収納が広すぎても余計なものまでためてしまうので、ほどよい広さにしてもらったといったところですね(笑) 私たちは無理だと思っていた、「床の間をつぶして収納をつくる」という案を聞いた時には驚きましたが、お義母さんに話してみると、意外とすんなり賛成してくれたんですよね。

  • リフォーム・リノベーションして、周りの反応はどうですか?

    (奥様)お義母さんのお友達が見に来てくれているみたいですね。「広くていいね」と言ってくれているみたいです。面積自体は広くなってはいないんですけど、リフォーム前にあったブロック部分がなくなって見通しが利くようになったことや、やっぱり壁や床の色が白っぽいこともあって広く見えるんですかね。 (ご主人)リビングの窓が一枚になったことで、窓の高さは変わっていなくても、目の錯覚なのだとは思いますがすっきりしたように感じます。

  • りりこでリフォーム・リノベーションしてよかったと思うことは何かありますか?

    (奥様)収納が広くなったことと、断熱の部分ですね。しっかり断熱材を入れてもらって冬も安心です。 私たちが住んでいた借家のお風呂場は、意味もなく天井が高くて床も壁もタイルだったので、とっても寒くて、浴槽のお湯もすぐ冷めちゃったりしていたんです。だからお風呂場が暖かいというのはとてもいいですね。

  • 営業や他の社員の対応はいかがでしたか?

    (奥様)十分ですよ!(笑) (ご主人)私たちにも要望はもちろんあるのですが、今回のリフォームは、古い建物でしたし、まずは「本当にできますか?」というところからのスタートでした。だからこそ、何でも「できます!」と言われてしまうと逆に不安になってしまうというのは母も言っていて、残すべきところを「ここは残したほうがいいですよ」と言ってもらえて安心しました。なぜ残すべきなのかということも教えていただき、説得力がありましたね。

  • これからリフォーム・リノベーションする方へのアドバイスをお願いします

    (奥様)営業マンは選んだほうがいいと思いますね。その人が良い人か悪い人か、というわけではないんですが、話をしてみて波長が合う人と合わない人っているんですよね。その先のリフォーム・リノベーションを考えると、「波長が合うこと」って大切だと思います。 (ご主人)いろいろな会社に行ってみて何社か話を聞いてみるといいと思います。私たちは全部で三社に話を聞いたわけですが、本当に三者三様の提案をしていただきました。それを比べてみて、自分が納得できることが大切だと思います。 (奥様)あとは提案していただいたプランの寸法を冷静に見ることですね!他社さんですが、とっても素敵なプランを提案してもらえて嬉しくなっていて、でもよくよく見てみたら手持ちの冷蔵庫や食器棚が入らない!なんてこともありました。 (ご主人)私たちの要望としては東西に長いLDKにしたかったのですが、構造上南北に配置した方がいいということでそのようにすると、実際は南北の方がLDKを広くとることができ、結果的によかったと思いました。要望を聞いてもらえることも大切ですが、プロの視点から提案をしてもらえるか、というところも大切だと思いますね。

HOME MAKING