blog

りりこのスタッフブログ

キッチンのリフォームは自分サイズに!

こんにちは。

すっかり春らしいお天気で、気持ちが良いですね♪

 

 

今回は「キッチンのリフォームは自分サイズに!」というテーマでお話をしていきたいと思います。

キッチンでは毎日、お料理を作ったり、お皿を洗ったり。

日々の暮らしに欠かせないキッチンワークですが、もしキッチンで家事をした後に必要以上に腰痛や肩こりを感じてしまうのはキッチンがあなたのサイズに合っていないのかもしれません。

 

キッチンには使う人にそれぞれ合ったサイズがあります。

今回は適切なサイズのキッチンの目安についてご紹介いたします。

 

 

▼目次

・適切なサイズとは

└キッチンの高さについて

└使いやすいキッチンの目安

└キッチンの幅について

└キッチンの奥行について

・動線を意識したキッチンリフォームを!

・まとめ

 

 

 

適切なサイズとは

 

キッチンのリフォームで気をつけていただきたいことは、キッチンのサイズが使う人に合っているかということです。

快適なキッチンにリフォームするために自分にあったキッチンのサイズを知りましょう!

 

 

 

キッチンの高さについて

キッチンの使いやすい高さは150cmの人と190cmの人とでは全く違います。

高すぎると包丁が使いづらくケガや肩こりの原因にもなります。

逆に低すぎると腰痛の原因になってしまいます。

 

一般的なキッチンの場合、高さが85㎝に設定されています。

あくまでも平均的なとして設定されているため、あなたに必ず合っているとは限りません。

ご自身の使用感がとても大切な要素です。

この基準値を目安にしながらも、使用感を確認して決めていきましょう。

 

 

▼使いやすいキッチンの目安

使いやすいキッチンの高さの目安は「身長÷2+5㎝」で計算すると目安が分かります。

例えば、160㎝の場合であれば、160㎝÷2+5㎝=85㎝が使いやすいキッチンの高さとなります。

これを1つの目安として、今使っているキッチンの高さを測ってみて使いやすいか使いにくいかを確かめてみてはいかがでしょうか?

 

その他でキッチンの高さで気を付けておきたいのが、ご夫婦で身長差がある場合です。

その場合、高さをどうするか迷ってしまいますね。

基本的にはキッチンをメインで使う人に合わせるのがベターです。

最近では家事を分担するケースも増えてきています。

その場合はお互いの最適な高さのちょうど真ん中の高さにするのも1つの方法です。

 

 

 

キッチンの幅について

キッチンのサイズを考えるとき、1番使い勝手に影響があるのがキッチンの幅です。

 

キッチンの幅は効率的に調理するためには「シンク」「コンロ」「作業スペース」の3つのバランスが良いことが必須となります。

特に作業スペースの広さというキッチンの使い勝手に大きく影響してきます。

 

一般的なキッチンの幅は165cmから360cmです。

しかし幅(間口)が広くなりすぎると、料理をするときに移動が多くなり、作業効率が落ちてしまいますのでご注意ください。

255cmから270cm程度の幅にすると使い勝手の良いキッチンになるといわれています。

 

 

 

キッチンの奥行きについて

キッチンの奥行きを広くすることで作業スペースやキッチン下の収納量が増えるというメリットがあります。

 

一般的なキッチンの奥行きは、

壁に取り付けるキッチンは60cmから70cm。

アイランドキッチンのように独立したタイプのキッチンでは75cmから90cmを基準に考えましょう!

 

キッチンの奥行きを決めるときに確認しておきたいのが、キッチンの奥行きを広くすることで間取りが窮屈になっていないかどうかという点です。

キッチンの奥行きを取ることで物が置きやすくなりますが、その分だけダイニングやリビングが狭くなってしまいます。

特にダイニングテーブルとソファの位置が近いとキッチンが常に目に入ってしまい圧迫感を感じてしまいます。

また通路スペースが確保できないというケースもあります。

 

 

 

動線を意識したキッチンリフォームを!

キッチンでよく使うのが、「シンク」「コンロ」「冷蔵庫」の3つです。

この3つを結ぶ三角形を「ワークトライアングル」といいます。

少ない歩数でキッチンを使うのであればこのワークトライアングルの大きさを小さくしてみましょう。

またキッチンを複数人で使う場合は通路を広くした方が使いやすくなるかもしれません。

実際にショールームで冷蔵庫やキッチン収納を開いた状態でキッチンの通路を通ってみて移動がスムーズにできるかを確認してみましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はキッチンを自分に合ったキッチンについてご紹介しました。

キッチンを自分サイズにするには「幅」「奥行き」「高さ」の3つがポイントになります。

 

一方でキッチン単体だけでなく、間取り全体を見ながらキッチンのサイズを決めることも大切です。

キッチンがどれだけ使いやすくても、間取りとのバランスが悪くなると生活しにくい家になってしまいます。

 

 

ぜひ今回の内容を参考にしながら、あなたに合ったキッチンのサイズを見つけてみてください。

 

HOME MAKING