スタッフブログ

87件

1 / 812345...最後 »

収納リノベーション

DATE 2019年10月20日(日)

今まで、たくさんの方の家づくりに携わってきましたが、みなさん、いろいろな悩みを持っています。中でも収納に関するお悩みは多いです。マイホームを手に入れた方に対する調査(リクルート)で「家づくりで失敗したと思ったこと」の1位は、「収納」だったそうです。4人に1人の割合で収納に失敗したと回答しています。「子供の荷物を置く場所がない」「冬物の服を置く場所がない」「クローゼットに入りきらない」「2階のロフト部分の収納スペースから物を出し入れするのが大変」「本の収納スペースがない」等々。

リノベーションを進めていく上で、十分な広さや収納量をとるだけでなく、収納スペース部分の内部のあり方やどこを収納場所にするかという視点も大事です。モノを出す・使う・しまう、それぞれのシーンをしっかり考えて「家づくり」を進めていく必要があります。以下は収納スペースを検討する際のチェックポイントです。
□収納したいモノのサイズと、収納スペースの幅・奥行き・高さが合うか?
□モノを使う場所から収納する場所までは近いか、動線はスムーズか?
□クロゼットや靴収納などのスペースは、現在の住まいと比べて十分か?
□収納扉は開き戸、引き戸、折り戸等状況に合った使いやすいものになっているか?
□オープン収納がほかの部屋などから丸見えになって困ることはないか?

□よく使う、よく出し入れするモノは手の届きやすい高さに収納できるか?
□収納内部に照明やコンセントを設置するなどの工夫があるか?
□どこに何をしまうか、家族全員がわかりやすいつくりになっているか ?

これらはほんの一例ですが、リノベーションのプランを考えていく上で一緒にチェックしていく必要があります。図29

閲覧数:81 | カテゴリー: |

中古×リノベーション

DATE 2019年6月11日(火)

リフォーム&リノベーションコミュニティ りりこマネージャーの増子です。

今も昔も住まいの家賃が無駄だなと感じ始めて、新居を考え出すというのが王道の動機のひとつです。一昔前は、「まずは、総合展示場へ!」というコトだったと思いますが、最近は、少し違うようです。価格が大きく、内容も分かりずらい。なのに一発勝負で失敗できないという背水の陣的な性格の強い家づくり。だからなのか、賢い人ほど信頼できそうなパートナー(業者)選びから始める傾向が強くなっているようです。さらに、夫婦とも実家があり、自分たちが使用しなければ空き家になることが目に見えているケースが多くなっています。そうなると土地を買って新築というパターンで4,000万円程度の投資をすることに躊躇いが出てきます。そこで注目されるのが、中古住宅を買ってのリノベーション。価格的な部分はもちろん、気持ち的にも「中古だし、リフォームだし」と新築よりは負担が少ないようです。不動産屋さんの広告には、「リノベーション済」の物件が並んでいます。もちろんwebでもリノベーションというワードで検索すると不動産系のサイトがズラリと並びます。しかし、不動産屋のいうリノベーションは、「かっこいいリフォーム」であり、断熱や耐震など本質的な部分の改修が疎かになっているケースがほとんどです。不動産屋に行くと、「ウチでもリフォーム・リノベーションできますよ!見積もり作りますね!」と熱心に進めてきます。しかし、その内容を見た後、不安になってりりこへ来られる方が後を絶ちません。中古×リノベーションを成功させるには、りりこに来るのが手っ取り早い様です。

閲覧数:357 | カテゴリー: |

リノベーションはクールな選択肢

DATE 2019年6月4日(火)

リフォーム&リノベーション コミュニティ りりこ マネージャーの増子です。

少し年配の方と増改築やリノベーションの打ち合わせをすると、決まって、「この家は古いから、次に地震が来たら崩れると思うんだよね。でも、新築するお金もないし。。。」とおっしゃいます。謙遜も含んでのことでしょうが、少なからず古くなったわが家に不安を抱いてるのも事実の様です。それがネックでまだまだ住める思い出いっぱいのわが家を建て替えてしまうこともしばしば。住宅の普及期で新築以外の選択肢を知らない親世代は、古くなる=建て替えですが、ユーズドやエコ意識に価値観を見出す30代40代の子世代は、使えるものを捨てる(壊す)のに違和感を持ちます。リノベーションがジワジワ市民権を得始めているのもそのためではないでしょうか。さらに、親世代が新築をした頃、(昭和40~50年代)頃は、坪単価30万円程度だったという話も聞きますが、昨今の相場はその倍以上。相次ぐ自然災害や気候変動に対応すべく国が施工基準を大幅に引き上げていることが原因です。一部超ローコストの分譲メーカーは驚異的な建築費で建築をしている様ですが、そこにはカラクリがあるもの。安物買いの銭失いにならないとも限りません。新築がどんどん高嶺の花になる昨今、無理して住宅ローンに追われなくても、今ある家を、素敵に高性能にリノベーションして、生活を楽しむのが、クールな家づくりです。しかし、リノベーションを扱う会社のほとんどがなぜか不動産会社。残念ながら不動産会社には本来的なリノベーションは難しいでしょう。だからこそ、私たち工務店がリノベーションに取り組まないといけないと思う今日この頃です。

閲覧数:325 | カテゴリー: |

実家リノベで困ったら、プロに相談!

DATE 2019年6月2日(日)

リフォーム&リノベーションコミュニティ りりこ マネージャーの増子です。

リノベーションというと、中古住宅や中古マンションを購入してするもの。というイメージをお持ちの方も少なくないと思います。でも、実際は、自分が生まれ育った“実家”をリノベーションして住み継ぎたいという要望がとても多いです。当然、実家にはご両親や兄弟がいたりで、家族の意見を統一するのに時間がかかります。でもその時間が家族や、家族の歴史、思い出と向き合う時間になり、結果として良いリノベーションが出来る原動力になります。私たちが担当させて頂くお客様も、1年越しや2年越しでリノベーションを実施されるという方も珍しくありません。とはいえ、親子だからこそぶつかってしまったり気持ちがすれ違ったりというのも仕方のないことです。りりこでは、経験豊富なスタッフが上手にリードして参りますので、どんなことでも相談いただいてOKです。もちろん、リノベーションに至るかどうかは結果にすぎません。そのプロセスで、家族関係や相続、インスペクションなどなど、クリアしなければいけない課題はたくさんあります。一般の方だけでは荷が重いいものもあるかと思いますので、困ったときはプロに相談するのが得策ですよ。

閲覧数:325 | カテゴリー: |

リノベーションとホームセキュリティ

DATE 2019年6月1日(土)

リフォーム&リノベーションコミュニティ りりこ マネージャーの増子です。最近というわけでもありませんが、物騒な世の中です。せめて自宅にいるときぐらい安心して過ごしたいですよね。その手段のひとつにホームセキュリティがあります。先日、警備大手のA社の担当と話をしていた際、「果樹園で、果物の盗難が相次いだので、簡単な警備システムを入れて、入口にステッカーを貼ったら、盗られなくなりました。」と。この場合、月額3,000円程度の遠隔操作カメラを1台入れただけだったようです。新築やリノベーションの際、ホームセキュリティをお勧めしますが、「高いんでしょ?」「うちには盗られるものもないし」「お金持ちじゃないから」と断られてしまいます。実際、警備機器をレンタルすると月額で5,000円~6,000円程度になってしまいますが、新築やリノベーション時の住宅ローンで機器を買い取ってしまうと、月額が3,000円を切るケースも出てきます。仮に、現金や貴重品が家になかったとしても、侵入される際にサッシを壊されたり、最悪の場合命が危険に晒されることも無いとは言えません。新築やリノベーションの際は、ホームセキュリティを考えるのに良いタイミングです。新築やリノベーションで戸締りの精度は向上しますが、プラスしてホームセキュリティをお勧めします。

閲覧数:322 | カテゴリー: |

大相続時代には住まいの終活がおすすめ。

DATE 2019年5月31日(金)

リフォーム&リノベーション コミュニティ りりこの増子です。

2028年ごろ、団塊の世代が80歳前後になります。日本人の平均寿命が、男性で81歳、女性が87歳ですので、あと10年もしないうちに“大相続時代”が到来します。相続というと、お金持ちがするものというイメージですが、核家族化の進行で「複数の相続人で1つの不動産を争う」というケースが目立ち始めています。相続でもめるケースの多くは相続金額が5,000万円以下だそうです。お金持ちが相続でもめないのは、ちゃんと準備をしているからです。お金持ちではない我々も、ちゃんと相続の準備をする時代がやってきました。先日、宅建協会の機関誌に目を通していると、「老いた家 衰えぬ街~住まいを終活する~」という記事を見つけました。空家問題について書かれた記事ですが、著者の野沢千絵東洋大学理工学部教授は、「住まいの終活」について勧めています。住まいの終活とは、相続が発生する前から、所有者やその相続予定者が、住まいに関わる様々な情報を整理・共有し、相続発生後の選択肢を考え、そのために安心して相談できる人的つながりを作っておくなど住まいを円滑に「責任ある所有者・利用者」へ引き継ぐための一連の活動だそうです。私たちのお客様の多くは、実家をリノベーションすることを選ばれています。築40年前後の住宅をリノベーションするためには、ホームインスペクションや法令上の調査以上に家族どうしのコミュニケーションが重要だとつくづく感じます。そして、リノベーションこそが「住まいの終活」の最も美しいゴールではないかと思うのです。相続・住まいの終活とリノベーションについては、無料相談を受け付け中です。DSC_1554

閲覧数:337 | カテゴリー: |

リノベーションのローン、どうする!?

DATE 2019年4月5日(金)

リフォーム&リノベーションコミュニティ りりこ マネージャの増子です。
リフォームやリノベーションを行う際、付き物なのが住宅ローンやリフォームローンなどの借り入れ。この借り入れを上手に行えるかどうかもリノベーションを成功させる大きなポイントだと言えます。まずは、借入先。銀行なのかノンバンクなのか、モゲージバンクなのか。種類も住宅ローン(有担保)・リフォームローン(無担保)、さらに選ぶ金利も変動・短期固定・長期固定が選べます。正直、複雑すぎて良く分からないというのが本音かと思います。一念発起して、この難問を解決にいざ、銀行へ!という方も多いでしょう。実はこれ、ローンで失敗する原因なんです。銀行などの金融機関には、ファイナンシャルプランナーなどの専門家も多く、一見頼りになりそう。でも、彼らも商売ですから自分たちのお店に並んだ品物を売らないといけません。他の金融機関のローンの方がお客様にとってはいいのかもしれないけど、自分のところのローンを優先せざるを得ません。例えば、勤務先に労働組合があって、労働金庫のメンバーになっているようなら、保証料が無料などのメリットがあります。家が農家なら、JAバンクが有利かもしれません。人それぞれピッタリのローンは違うのです。では、誰に聞くのがいいのでしょうか。ぜひ、リノベーション工事を依頼しようとしている工務店やビルダーにお問い合わせください。もし、上手にローンが組めない様なら、そこはアウト!ということで。

閲覧数:428 | カテゴリー:増子 則博 |

今更ですが、リノベーションとは!?

DATE 2019年4月5日(金)

リフォーム&リノベーションコミュニティ りりこ マネージャの増子です。
この頃、だいぶ浸透してきた感のあるリノベーションですが、業者・お客様問わずまだまだ言葉の定義が曖昧な方が多いようです。先日、某ノンバンク系の金融機関と無担保ローンについて打ち合わせをしました。彼らの中でリノベーションというのは、どうやら中古住宅の再販を指すようで、何度か言葉の定義を示したのですが、かたくなに、「りりこさんの事業はリフォームですね!」と繰り返します。私たちは、性能や生活の質を向上させるリノベーションという技術を提供するのが仕事です。そこには「リフォームではない」というプライドもあります。(もちろん、リフォームを否定しているワケではありません。)話がかみ合わないので、彼には早々に帰って頂きました。このように、「不動産に絡むオシャレなリフォームがリノベーション」だと思っている方も多いようです。先ほども申し上げましたが、リノベーションとは、建物の性能と住む人の生活の質を向上させる建築技術です。意匠も大事ですが、私たちは耐震や断熱、間取りの変更を優先させたいと思っています。そして、本来の意味でのリノベーションこそが、空き家問題や森林環境、地域の活性化など直接・間接に私たちが直面する社会問題を解決する糸口だと確信しています。リノベーションは、日本を救います!!  (笑)

閲覧数:413 | カテゴリー:増子 則博 |

家づくりカウンターって。

DATE 2019年4月5日(金)

リフォーム&リノベーションコミュニティ りりこ マネージャの増子です。
家づくりを思い立った際、そもそもその方向性について戸惑います。新築vsリノベーション、リノベーションvsリフォーム、リフォームvs新築・・・・・堂々巡りですね。そこに予算や時期、立地などなど様々な要素が絡んできて、もうどうしたらいいのか分からなくなります。家づくりをしようとしているご家族それぞれで、正解は違ってきます。なぜなら、置かれている環境が違うからです。こんな複雑に絡み合った問題を解決しようと、流行りの「家づくりカウンター」などに行ってみたりする方もあるでしょう。結果から申し上げます。それによって、さらに事態は悪化します。なぜなら、それらのサービスは第三者性を謳いながらも、紹介するビルダーやメーカーからマージン(紹介料)を受け取っています。かつて社会問題化した保険の窓〇の様に手数料が高いところを紹介する、更に、登録会社の多くが新築主体の会社ですので、せっかく使える建物があっても、建て替えを勧められます。この時点でリノベーションやリフォームと言った選択肢を無くしてしまうのです。もちろん、受ける側のビルダーもそこに支払う紹介料をお客様の工事費にONしますので、無理な計画を割高に行うことを余儀なくされるのです。最近、郡山でもそのようなサービスが展開され始まった様です。皆さん、要注意ですよ!!

閲覧数:404 | カテゴリー:増子 則博 |

熊本地震をきっかけにわかってきたこと②

DATE 2019年3月24日(日)

特に熊本では火山灰による軟弱地盤という問題も明るみになりました。そこで、注目を集めたのが、耐震等級という考え方です。耐震等級とは等級数が大きいほど地震に強いという数値で、耐震等級1とは建築基準法レベルの建物の強さという意味です。次に耐震等級2とは、建築基準法の1.25倍の強さを表します。さらに耐震等級3とは、建築基準法の1.5倍の強さを表します。
 弊社では、建築基準法ギリギリで満足することなく、また、耐震設計段階でなく、耐震施工の品質の向上にも日々励んでいます。筋交いに節はないか、節の大きさが一定の基準を超える場合は節の周りを補強する、耐力壁(構造用合板などの面材)を使う場合、釘が必要以上にめり込んでいないか、わずかな変形を見逃していないか、筋交いは入れるだけでなく角度に問題はないかといった、細心の注意を配りながら、施工しています。また、必要に応じて制震ダンパーの活用も推奨しています。一般的に、適切な場所、4カ所に制震ダンパーを設置するだけで、格段に建物の強さが高まります。
上記のような耐震に対する知識、見解をお客様と共有しながら、今後も安心、安全な住まいづくりの推進に日々取り組んで参ります。

閲覧数:418 | カテゴリー: |

熊本地震をきっかけにわかってきたこと①

DATE 2019年3月24日(日)

震度6を超えるような大きな地震の頻発により、耐震意識が高まっているようです。2017年は大阪や北海道で大きな地震がありましたが、今回は2016年4月に発生した熊本地震をきっかけにわかってきたことを述べたいと思います。
 「現行の耐震基準の家も倒壊」業界誌、業界新聞等を通じて、このような記事を多く目にしました。震度7を2度も観測した、熊本県益城町では、新耐震基準に沿って建てられた住宅の被害も見られましたので、業界に衝撃が走ったのです。
 1981年以降に制定された耐震基準を新耐震基準と呼び、基礎や筋交いの接合部、壁のバランスに関する告示が示された基準です。1981年以前の基準より、耐震性能が厳しくなっており、住宅業界では大半の事業者が新耐震基準の住宅は大丈夫と考えられてきました。しかしながら、熊本地震では、新耐震基準の住宅も倒壊したケースが多く存在しました。建築基準法では「最低限の基準を満たしている」という意味であり、熊本にような巨大地震では建物が無被害というわけにはいかなかったのです。
 

閲覧数:429 | カテゴリー: |

窓とガラスの断熱性能

DATE 2019年3月24日(日)

住まいの断熱性能を向上させる上で窓はとても大切な箇所になります。窓の断熱性能は使用するガラスの種類とサッシの材質によって大きく上下します。普及が進むペアガラスですが、サッシ部分の高性能化はまだまだ発展途上で、諸外国に比べて日本はかなり遅れているのが現状です。
 築古の住宅に多く見られる1枚だけのガラスと複層ガラス(ペアガラス)を比較しますと、複層ガラスは1枚だけのガラスに比べて、約半分程度まで熱を伝えにくくすると考えられています。また、同じ複層ガラスでも中空層の6ミリと12ミリを比べると、12ミリのほうが熱を伝えにくくしています。さらに同じ複層ガラスでも、LowーEガラス(低放射の複層ガラス)という商品があり、ガラスの裏面に特殊な金属膜があり、その膜が太陽熱の半分程度までカットするため、非常に高い断熱性能を発揮します。ちなみに、一般的なグラスウールを施した外壁に比べて、窓(ペアガラス)は約5倍熱量が入ってくると言われています。そのため近年は普通のアルミサッシではなく、樹脂を材料として作られた樹脂サッシが普及し、着実に断熱性能が向上されつつあります。このように材質の違いも考慮し、断熱リノベーションに取り組みましょう。

閲覧数:417 | カテゴリー: |

87件

1 / 812345...最後 »

来店予約

お問い合わせ

りりこの表彰実績

りりこSDGs宣言

りりこが目指すもの。

  • 物件探しから はじめたい
  • LDKから始める リノベーション
  • 実家を リノベーション
  • ちょこっとだけ リノベーション
  • +
  • 新築 専門サイト
リノベーション施工事例 ホームインスペクション お問合わせからご契約までの流れ 来店予約

会社概要

サンプル

増子建築工業
〒963-8061
福島県郡山市富久山町福原字東内打5-1
TEL 050-7302-5250
>>詳しくはこちら

施工エリア

施工エリア

郡山市を中心に中通り地域といわき市周辺
※ お客様のところへすぐに駆けつけることができるよう、 車で1時間以内を目安としています。
その他の地域の方はご相談ください。

ホームインスペクション 耐震リフォーム recruite

トップへもどる

050-7302-5250 お問い合わせ 来店予約 資料請求
来店予約