blog

りりこのスタッフブログ

断熱リノベーションって何?補助金が受けられるって本当?

こんにちは。

秋晴れの日が続いていますね☀

街路樹も色づいてきて、思わず足をとめて眺めてしまいます♪

 

 

さて、リノベーションを考えるとき「どんな間取りにしよう?」「おしゃれなインテリアにしたいな」など、理想の暮らしを想像してワクワクしますよね。

間取りやデザイン性はもちろんですが、”断熱性”も快適に暮らすために忘れていけません。

そこで今回は、断熱性能をアップするためのリノベーション(=断熱リノベ)についてご紹介!

所定の条件を満たせば補助金の対象にもなるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

▼目次

・断熱リノベーションとは?
・断熱リノベで叶う快適な暮らし
・断熱リノベを行うときの注意点
・断熱リノベで利用できる補助金とは?
・まとめ

 

 

 

断熱リノベーションとは?

 

断熱性能を向上させるために行うリノベーションのことを言います。

「そもそも、断熱性って何?」と思う方もいますよね。

例えば、おばあちゃんの家など古民家に行ったとき「暖房や冷房がなかなか効かないなぁ…」「隙間風が寒い…」と感じたことはありませんか?
これは、断熱性能が低いことが理由のひとつ。
“外からの熱が伝わりにくく、中の熱は外へ逃げくい”のが、断熱性能の高い家なのです。

 

断熱リノベーションの主な方法としては…

◆床や壁、天井に断熱材や断熱パネルを施工する
◆窓ガラスやサッシを断熱性の高いものに交換する

 

      

 

 

 

などがあります。

では、断熱リノベーションを行うことでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

 

 

▼りりこの断熱リノベーションモデルハウスはこちら

新築以上に性能UP!

モデルハウス

 

※以下、断熱リノベーションを断熱リノベと表記します。

 

 

断熱リノベで叶う快適な暮らし

 

冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる

先程もお伝えしたように、断熱性能を向上させると外からの熱が伝わりにくく、中の熱は外へ逃げにくくなるため、室内の温度を一定に保ってくれます。
つまり、一年中快適に暮らせるのです♪

 

 

 

 

光熱費の削減につながる

外気温の影響を受けにくいうえ、室内の暖かさ・涼しさを外に逃さないので、暖房や冷房を必要以上に使用しなくてよくなります。
エアコンをつける時間や回数が減れば、光熱費が削減できますね!

 

 

健康的な暮らしができる

暖房の効いた暖かい部屋から廊下や脱衣所など寒い場所に移動すると、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患を起こしてしまう「ヒートショック」。
メディアなどでも取り上げられているため、ご存じの方も多いのですよね。
家全体が外気温に左右されにくくなれば、そのリスクを減らすことができます。
また、夏の暑さが和らぐことで熱中症の予防にもなりますよ。

 

 

 

 

断熱リノベを行うときの注意点

 

工事費用や工事期間をしっかりチェック!

断熱リノベを行うときは壁や床を剥がすことが多いため、断熱施工以外の工事費もかかり、コストが高くなる可能性があります。
また工事内容にもよりますが、施工期間が1月ほどかかる場合もあり、工事期間中は仮住まいが必要になることも。
そうなれば、仮住まいの家賃や引っ越し代などの費用も追加でかかってきます。

 

 

 

断熱リノベで利用できる補助金とは?

 

実は、今年度も「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」が実施されています。
この補助制度では、高性能な断熱材や窓などを使って所定の条件を満たす断熱リノベを行うと、補助金を受け取ることができるのです!

さっそく、気になる補助制度の条件や補助額について見ていきましょう。
断熱リノベを考えている人は、特に要チェックです!

 

 

補助金の対象となる断熱リノベ

補助の対象となるのは、高性能建材(断熱材・窓・ガラス)を使用した、一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる断熱改修工事です。

また、この改修工事で導入する高性能設備などの設置工事も補助の対象となります。
対象となる高性能設備は、戸建ての場合は家庭用蓄電システムや家庭用蓄熱設備、熱交換型換気設備など。
マンションの場合は熱交換型換気設備などです。

 

 

補助金の対象となる人

補助金の対象となる人は、戸建てもマンションも“個人の所有者または個人の所有予定者”です。
※マンション(全体改修)の場合は、管理組合の代表者

 

 

補助額

補助される金額は、対象費用の1/3まで。
上限金額は、下記の通りです。

◆戸建て場合…1戸あたり120万円(家電用蓄電システム:20万円、家庭用蓄熱設備:5万円、熱交換型換気設備:5万円)
◆マンションの場合…1戸あたり15万円(熱交換型換気設備:5万円)

 

 

申請期間

10月25日に第三次公募の公募期間が終了し、年内に第四次公募の期間が発表予定です。
公募期間中に申請を行い、補助金交付が決定してから工事の契約・着工ができるようになるので、スケジュールには注意したいですね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

住宅の内側を工事する断熱リノベーション。
目に見えない部分の工事のため見た目に大きな変化はありませんが、暮らしてみてその効果を実感できます。

 

工事費用の負担がかかるとはいえ、「快適で健康的な暮らしを叶えるために断熱リノベをしたい!」と考える人は多いのではないでしょうか。
そんなとき、補助金制度を上手に活用したいですね。

 

また、依頼するリノベーション業者は特に指定されていないため、補助事業に対応できる業者であればOK!
自由に選ぶことができますが、施工会社によっては得手不得手もあるため、業者選びは慎重に行うのも大切なポイントです。

 

断熱リノベーションをお考えの際はぜひ、りりこまでご相談ください!

 

 

 

 

 

なんと明日!断熱リノベーションセミナー開催です!!

 

断熱リノベーションセミナー開催!

断熱リノベーションに興味をもった方はぜひお越しください!

実際に断熱リノベーションされたりりこのモデルハウスにて、快適さを体感していただきながら、

より詳しい内容を知ることができます!

スタッフ一同、心よりお待ちしております<m(__)m>

 

 

ご予約はお電話にて!

増子建築工業 本社

☎024-933-0301

 

HOME MAKING