blog

りりこのスタッフブログ

ダイニングテーブルのおすすめレイアウトをご紹介

こんにちは。

皆様はダイニングテーブルをどこに置いていますか?

ダイニングテーブルはサイズが大きくスペースを取るのでレイアウトが重要になってきます。

配置によってお部屋の広さの感じ方が変わったり、生活スタイルにも影響してきます。

今回はダイニングテーブルの配置の仕方についてご紹介していきます。
 

 

▼目次

・キッチンの正面に配置

・キッチンと横並びに配置

・お部屋の中央に配置

・窓に合わせる

・カウンターを配置

・まとめ
 

 

キッチンの正面に配置

ダイニングテーブルをキッチンの正面に配置する、定番の形です。この配置には多くのメリットがあります。

・ダイニングテーブルに座った人と会話しながら料理ができる

・リビング、ダイニングの様子を見ながら料理ができる

などなど、料理をする人には嬉しいことばかりです。

家族の顔が見られるので小さいお子さんのいるご家庭も安心。

またキッチンに寄せて配置することでリビングスペースにゆとりが生まれます。

2c1f2f7327f9555e61c0a68220ca08ca
 

 

キッチンと横並びに配置

配膳が楽になります。
ダイニングテーブルが一体化しているので、キッチンにいながら出来立ての料理を手渡しできたり、お皿を下げたりできます。
お子さまが自然にお手伝いをしてくれる配置でもあります!

作業スペースとしても活用することができます。
これならお菓子作りなどもストレスなく楽しめますね。
それ以外にも後片付けや調味料、食材を取りに行く動作が最小限で済みます。
 

 

お部屋の中央に配置

スッキリとした部屋も素敵ですが、寂しい印象になることも。

ダイニングテーブルを部屋の中央に置くことで、空間に適度なスペースがいくつも生まれ、部屋の調和をとることができます。

キッチンからテーブル、ベランダへのアクセスがしやすく隣に部屋がある場合でもスムーズに行き来ができます。

0I0T9111

窓に合わせる

窓に合わせると自然光が入りお部屋が明るくなるだけでなく、空間を広く感じることができます。

ベンチソファーを合わせると、背もたれがない分スッキリとした印象になります。

窓の外を見ながら会話も弾みそうです。
 

 

カウンターを配置

ダイニングテーブルの代わりとしてカウンターを選ぶのも一つの案です。

カウンターにすると広々とした印象を与えてくれます。

このレイアウトならリビングスペースをたっぷりとれるので、面積をあまりとれない場合におすすめです。

ササっと食事を済ませて、リビングで長時間和むライフスタイルの方に合っています。
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダイニングテーブルの置き方ひとつでお部屋の雰囲気が一転します。

リビングに力を入れるのか、それとも家事動線やテレビの見え方などを重視するかということなどをもとに考えると、おのずとどんな置き方が快適なのかが見えてきます。

一度、ご自身のライフスタイルに合わせてダイニングテーブルの配置について考えてみて下さいね。

HOME MAKING