column

りりこのコラム

No Image

「山の日」をきっかけに地産地消について考えてみました

 原稿を書いている今日が8月10日、明日は「山の日」です。山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に昨年創設されました。  私たちの生活の中で「山の恩恵に感謝する」とはいかないまでも山を意識する場面はどれほどあるでしょうか。一年を通してみても春先の花粉症くらいなものかもしれません。ほんの...

No Image

近年話題の「ラン活」と「収活」を同時に取り組んでみません...

 震災の年に生まれた息子も来年は小学生。我が家でも多分に漏れず、巷で噂の『ラン活』に取り組みました。  少子化にも関わらず、近年話題になっているラン活とは、来年度に1年生になる子どものために、ランドセルを手に入れる活動のことを言います。シーズンの終盤には争奪戦も起こるほどの過熱振りだとか。 私たちが子供のころ...

No Image

うっとうしい、乾かない、独特の臭い 部屋干しの悩みの解決...

 先日、関東甲信越地方が梅雨入りし、福島県ももうすぐです。梅雨に限らず共働き家庭の増加などで部屋干しをする方が増えています。その際、気になるのが「見た目のうっとうしさ」と「カラっと乾かない」という点や「独特の部屋干し臭」ではないでしょうか。  さて、皆さんは部屋干しの際どこに干していますか? 意外に凹凸のない...

No Image

ツバメに教わる家づくりの基本

 先日、会社の玄関先につばめが飛んできていました。つばめが軒先や家の中に巣をつくるとその家には幸福が訪れるといいます。本当でしょうか?  つばめは5~6月に繁殖のため日本を訪れ、あちこちに巣を作ります。子育てのための住処ですから安全が大事なキーワード。雨風はもちろん、カラスや蛇といった天敵からも雛を守らなけれ...

No Image

リフォームとリノベの違いとは?

 先日、新入社員から「リフォーム」と「リノベーション(リノベ)」の違いについて質問がありました。もちろん彼女もリフォームが修繕、リノベーションが改修というのは承知の上です。よくよく話を聞いてみると、工事の度合いによって分類できるのかという質問でした。解体工事を伴うとリノベでそうじゃないとリフォームとか。リフォ...

No Image

中古+リノベが熱い!

住宅の購入を検討する際、土地を買って新築をする・建て替えをする・建売を買うという3つのパターンが一般的です。この3つは、いずれも「新築」が前提です。私たち日本人は新築が大好き。高度経済成長期のお父様方は、「いずれは一国一城の主に!」と新築一戸建てを夢見て汗水を流したのでしょう。 しかし、平成も28年ともなると...

No Image

「秋干し」といっしょに断捨離を

一年で最も乾燥しているこの季節、着物のお手入れのひとつとして「秋干し」が行われるそうです。秋干しは、衣類の虫干しのひとつで、10月から11月の天気の良い日に行うとよいそうです。秋干しに限らず、衣替えなどで衣類の棚卸をする季節ですね。 日用品や衣類、思い出の品、子供のもの。たくさんのものに囲まれて日々生活してい...

No Image

災害に備えたメンテナンス

立春から数えて二百十日の雑節は台風襲来の厄日とされ、古くから農家では警戒をしてきました。福島県の中通りエリアは奥羽山脈と阿武隈高地に挟まれていることもあり、台風の被害を受けにくい様です。 しかし、先日福島県沿岸をかすめて行った台風7号は記憶に新しいところですね。本格的な台風シーズンを前に住まいの台風対策ポイン...

No Image

木は、意外に強い!?

郡山の夏を彩るうねめ祭り。今年も8月4日~6日の日程で行われます。このお祭りは、万葉集に歌われた安積山の歌にちなんでということはご周知の通りかと思います。 この歌が記された木簡が2008年に滋賀県甲賀市の紫香楽宮(しがらきのみや)跡とされる宮町遺跡から出土しました。ざっと1300年前の木簡がほぼ原型をとどめて...

No Image

熱い夏を快適に過ごすためのグリーンカーテン

さて、東北地方も梅雨入りし、21には夏至を迎えます。7月に入るとすぐに夏がやってきます。今月上旬に発表された長期予報によると今年の夏は平年並みから暑い夏と予想されているようです。お年寄りや小さいお子さんの居るおうちでは今のうちから暑さ対策が必要ですね。 手軽にできる暑さ対策として近年すっかり市民権を得たのがグ...

No Image

住宅診断には信頼のおける建築士を

今年2月、宅地建物取引業法の一部改正が閣議決定され、中古住宅の売買の際のホームインスペクション(住宅診断)が実質義務化されました。 中古住宅を買う場合、築年数や構造などの基本的な情報は法務局に登記されている情報から掴むことができます。 しかし、それ以上のこと、例えば床下の状況や断熱材の劣化具合、雨漏りの有無な...

No Image

住宅のデザインにおける“流行り”に潜む罠

毎年のことですが、桜の季節は足早に過ぎ去っていきます。 先日、研究室時代の仲間が出張で来郡しましたので、急遽のミニ同期会を開催しました。メンバーは3人。大手建材メーカーでマーケティングの課長をしているT君と郡山の老舗設計事務所で活躍するA君。そして工務店の私です。いずれも建築に携わる仕事ですが立場が違うと意見...

全74件

HOME MAKING